セブンカードスタッド

セブンカードスタッド

セブンカードスタッドは、一生かかっても極めるのが難しいといわれるクラシックポーカーゲームです。セブンカードスタッドの基本ルールとしては、7枚のカードが各プレイヤーに配られ、その中から一番強い役となる5枚のカードを選び、その役の強弱で勝者が決まります。プレイする前に、セブンカードスタッドの役の一覧をぜひチェックしてみてください。

テキサスホールデムやオマハとは違い、セブンカードスタッドは、通常、一定の単位で賭け金が増えていくリミットベッティングです。たとえば、2/4リミットゲームでは、最初の2回のベッティングラウンドでは2ドルずつ、次の3回のラウンドでは4ドルずつ、ベット額が増えていきます。現在、PokerStarsでは、ポットリミットやリミットスタッドのゲームは提供されていません。

セブンカードスタッドのルール

アンティ

セブンカードスタッドのゲームが始まる前に、プレイヤーは全員、少額を支払います。金額はゲームによって変わり、テーブルのタイトルバーに表示されます。つまり、アンティとはゲーム参加料のことです。たとえば1/2ゲームのアンティは0.15ドルです。

サード・ストリート

各プレイヤーは最初に3枚のカードが配られます。2枚は伏せられたホールカード、1枚は表向きです。表向きのカードが一番弱いプレイヤーが「ブリングイン」としてアクションします。キャリーオンの金額はゲームによって変わり、別のノミナル・ベットによっても変わります。
あるいは、初回にベットできる限度額の満額をベットすることも選択できます。ラウンドベットが完了するまで、テーブルを時計回りにアクションが続きます。

セブンカードスタッド

フォースストリート

各プレイヤーに「フォースストリート」と呼ばれるカードがもう1枚表向きで配られます。見えているカードの役が最も強いプレイヤーが最初にアクションします。たとえば、エースのペアより強い役のプレイヤーがいない場合、キングのペアのプレイヤーが最初にアクションします。このプレイヤーはチェック、またはルールで決まっているベット(たとえば、2/4ゲームでは2ドル)ができます。

ベッティングラウンド

フィフス・ストリート

各プレイヤーに「フィフス・ストリート」と呼ばれるカードが表向きで配られます。この場合も最初にアクションを起こすのは、見えているカードのポーカーの役が最も高い人です。ベッティングラウンドがあります。
フィフス・ストリートから始まる残りのハンドでは、すべてのベットは大きな単位(2/4ゲームでは4ドル)となります。

シックス・ストリート

セブンカードスタッド

各プレイヤーにもう1枚「シックス・ストリート」と呼ばれるカードが表向きで配られます。この場合も最初にアクションを起こすのは、見えているカードのポーカーの役が最も高い人です。ベッティングラウンドがあります。

セブンス・ストリート(またはリバー)

各プレーヤーに最後となる7枚目のカードが配られます。このカードは伏せられていてそのカードが何かは配られたプレーヤーだけが分かります。最初にアクションするのは、見えているカードのポーカーの役が最も高い人です。最終ベッティングラウンドが終わったときに、自分以外にもプレイヤーが残っている場合はショーダウンとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *